• <お知らせ>

    東京茶寮は、日本茶のさらなる新たな楽しみ方・スタイルを提案するべく

    4月28日(土)から1ヶ月間限定で

    「お茶漬けスタンド 東京茶寮」として営業いたします。

     

    お茶屋の本格茶漬け うなぎ/しゃけ/ほたて 500円(税込)

     

    ハンドドリップ煎茶の飲み比べも引き続きお楽しみいただけます。

  • お茶漬けといえば誰しもが一度は食べたことがある、「家庭の軽食」の代名詞です。しかしながら、近年はお茶を一切使用しない「だし茶漬け」が主流となっており、日本茶にもっと日常的に親しんでもらいたいと考える当店としては、お茶の風味を活かした本格的な「お茶漬け」を現代のライフスタイルに沿って提案したいと考えておりました。

     

    そこで、この度「柔らかい茶葉をまるごと食べるタイプのお茶漬け」を提案したいと思います。

     

    まさに「食べるお茶」。海苔のように見えるのは、やわらかい新芽のみを集めて作られた碾茶(てんちゃ)と呼ばれる茶葉です。抹茶を石臼で碾く前の原料であるこの碾茶に熱湯を注ぐことで、芳しいお茶の香りが抽出されるのです。

  • お茶屋の本格茶漬け

    AUTHENTIC CHADUKE

    お茶屋の本格茶漬 500円(税込)

     鰻 うなぎ eel
     鮭 しゃけ salmon
     帆立 ほたて scallop

    ハンドドリップ煎茶で作る +150円

     生七味トッピングもございます +50円

    テイクアウトも可能です

  • 【親子でたのしく】お茶を「まなぶ」ワークショップ

    東京茶寮で扱う茶葉の種類は現在25種類。それぞれ異なる産地で、異なる品種の茶葉が育てられています。身近な存在のお茶ですが、茶葉の育ち方、品種による味や香り、お茶の色の違いを知るともっとお茶がおいしく感じられるのではないでしょうか。お子さまと一緒にお茶について学び、飲み比べをして、自分の選んだお茶に合わせてお茶菓子を作ることで、日本の「文化」を楽しみながら育んでいきましょう。(対象年齢:幼稚園〜小学校低学年のお子さま)

  • BREW green TEA IN OUR WAY

    コンセプトムービー

  • HAND DRIP STYLE

     

    「ハンドドリップで日本茶を。」

     

    カフェで飲むスペシャルティコーヒーのように、普段のライフスタイルに香り高い日本茶を取り入れ、最大限に楽しむことができないだろうか。そうして生まれたのが、ハンドドリップで一杯ずつ丁寧に淹れる日本茶のスタイルです。

     

    コーヒーと同じく、煎茶も「産地」「品種」「蒸し・焙煎」によって味が全く異なります。

     

    しかし、日常的に飲まれているのは画一的なペットボトル飲料で、お茶の味の違いはご存じない方がほとんどでした。実は、日本人が飲みなれた煎茶は、ワインや日本酒に劣らず違いを明確に感じられる、個性豊かな飲み物です。

     

    当店が各地より選りすぐって仕入れた、シングルオリジン煎茶の飲み比べ体験をお楽しみ下さい。

     

  • MENU

     

     

    ハンドドリップ煎茶 2種飲み比べ +お茶菓子

     

    1,300円(税込)

    以下の茶葉から、2種お選びください。

    シングルオリジンを中心に、個性豊かな希少品種を取り揃えています。

    008 Z1

    「Z1」

    Z1シングルオリジン

     

    甘味:★★ 苦味:★★★ 旨味:★★

     

    コク・香りに優れるが栽培難易度が非常に高い品種。そこへ宇治のDNAが入ったまさに異例の茶。

     

    京都府「和束」

    009 OKUHIKARI

    「おくひかり」

    おくひかりシングルオリジン

     

    甘味:★★ 苦味:★ 旨味:★★

     

    ドライ‍‍‍状態‍‍‍の茶葉は柑橘系のピチピチとした香り。
    透明感のある磨かれた味わいが何度も飲みたくなる。

     

    静岡県「川根」

    011 YAMANAMI

    「やまなみ」

    やまなみシングルオリジン

     

    甘味:★★ 苦味:★★ 旨味:★

     

    とろっと甘い小豆のような香気にノックアウト。
    味わいはすっきりとしているので濃い目に淹れると‍‍‍GREAT‍‍‍。

     

    宮崎県「児湯」

    015 OKUYUTAKA

    「おくゆたか」

    おくゆたかシングルオリジン

     

    甘味:★★★ 苦味:★★ 旨味:★★

     

    焙煎の香りに甘くどっしりとした味わいが相性抜群。
    ‍‍‍どこか垢抜けないところが飲みやすくて美味しい。‍‍。

     

    滋賀県「甲賀」

    018 UJIHIKARI

    「うじひかり」

    うじひかりシングルオリジン

     

    甘味:★★ 苦味:★ 旨味:★★★

     

    個性派の玉露としてしっとりと繊細な香りが特徴。
    ‍‍‍低めの温度から煎を重ねて香りを楽しむのが宇治スタイル。‍‍‍

     

    京都府「宇治田原」

    019 INAGUCHI

    「いなぐち」

    いなぐちシングルオリジン

     

    甘味:★ 苦味:★★★ 旨味:★

     

    竹を割ったようなさっぱりとした芯のある味わい。‍‍‍こんな直球ストレートなお茶もすごく好きです。‍‍‍

     

    静岡県「俵峰」

    020 SAEMIDORI

    「さえみどり」

    さえみどりシングルオリジン

     

    甘味:★★ 苦味:★★ 旨味:★★★

     

    濃厚な海苔の香りがするボディ感のあるテイスト。
    ‍‍‍煎茶らしい上品な後味が長く続く王道の味わい。‍‍‍‍‍‍

     

    鹿児島県「霧島」

    021 kAMAIRI SAEMIDORI

    「釜炒りさえみどり」

    さえみどりシングルオリジン

     

    甘味:★★★ 苦味:★ 旨味:★

     

    中国にルーツを持つ釜炒り茶。炒り大豆のようなカラッ
    ‍‍‍とした味わいがスッと後引くやめられない美味しさ。‍‍‍

     

    鹿児島県「伊集院」

    REFRESHMENTS

    桜のジェラート

     

    米粉のバターサンド

     

    ドライフルーツの羊羹

     

    香るおはぎ

  • Reservation

    お席のご予約を承っております。

  • アクセス

    営業時間

    平日 13:00 ~ 20:00 / 土日祝 11:00 ~ 20:00 (2017年2月1日より)

    定休日:月曜日(祝日の場合は翌日休み)

  • 【親子でたのしく】お茶を「まなぶ」ワークショップ

    東京茶寮で扱う茶葉の種類は現在25種類。それぞれ異なる産地で、異なる品種の茶葉が育てられています。身近な存在のお茶ですが、茶葉の育ち方、品種による味や香り、お茶の色の違いを知るともっとお茶がおいしく感じられるのではないでしょうか。お子さまと一緒にお茶について学び、飲み比べをして、自分の選んだお茶に合わせてお茶菓子を作ることで、日本の「文化」を楽しみながら育んでいきましょう。(対象年齢:幼稚園〜小学校低学年のお子さま)

    日本茶ワークショップを開催しました。日本茶が“新しい趣味”になる!

    トップイベント 日本茶ワークショップを開催しました。日本茶が“新しい趣味”になる! イベント 2018.01.30 1月28日(日)、東京茶寮にて、雑誌「OCEANS(オーシャンズ)」の「オーシャンズとレジャーの会」という企画のもと、日本茶ワークショップを開催いたしました。 東京茶寮ではこの他にも日本茶のワークショップを開催しています。次回は、2月23日(金)夜19時から東京茶寮にて。『日本茶ワークショップ「自宅で楽しむ煎茶の淹れ方」』

    手揉みから機械揉みへ、今も変わらず息づく職人技

    急須に湯を注ぐと、花が開くようにふっくらと膨らむ日本茶葉。お湯が少しずつ鮮やかなグリーンへ変わっていく、まったりとした時間。「煎茶の製法ってどんなものだろう」と何気に思ったことはないだろうか。日本茶のルーツ、基本ともいわれる滋味深い「手揉み茶」。現在では、職人が手揉みし製茶する技法ではなく機械揉みが主流。しかしその現代的な製法のクオリティとはどうやって進化したのか、手摘み茶とは何か、その技術をどうやって取り入れ、機械揉みでもおいしい日本茶を楽しめるようになったかを知れば、一息ついたときの一杯のお茶が感慨深く、また更においしく感じられるはずだ。

    ティーブーム到来を前にきちんと知っておきたい 

    「緑茶・烏龍茶・紅茶の違い」

    「お茶」と一口で言っても、緑茶や烏龍茶、紅茶といった種類がある。日常的に何気なく使われているそれらのお茶は、どのように分類されているのか。コーヒーに続いてお茶が話題になっているいまの時期に、茶の分類についてきちんとおさえておいて損はないので、本記事で具体的にどのような違いがあるのかご紹介したい。

    長くて短い日本茶の歴史。

    正しく知りたい抹茶と煎茶のルーツ。

    現在、私たちが日常的に飲んでいるお茶。その起源はどのようになっているのだろうか。実は日本でのお茶の歴史は大変長いと同時に、いまのスタイルとなってからは意外にも短い。日本でお茶が飲まれるようになったのはいつか。お茶が飲まれるようになったのはなぜか。日本でお茶を最初に植えたのは誰なのか。本稿ではお茶の歴史を紐解いてご紹介したい。

  • green brewing商品カタログ